スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

皇帝の行進は続く

『皇帝ペンギン』見てきました。
ばーちゃんがどうしても見たかったらしく。
大喜び。



喜んでもらえて何よりなんですが。
試験勉強してぇ…とか心密かに思ったのはヒミツ☆



って。上映始まった途端に
そんな考えがあっさり吹っ飛びました。



なんと言うか。
映像と音楽のコラボレーションってやつが…。
なんとも言えません。
歌だけ聴いて途中涙ボロボロですよ。




まさかね。
あんなに泣くとは思わなかったですよ。
ってゆーかもう。

可愛いとか、凄いね。
とかで終わらせられないんですが、いい言葉が見つからないわけで。


ホント、大自然とそこに生きる生物について改めて考えさせられました。

あんな極寒の地に何故いるのか。
何故、遠い地までやってきて、死ぬ目に遭いながらも子育てをするのか。


わからない事だらけでした。
でも…その分からないだけでも、その目はいつでも前を向いていて。
自分の子供を大切に育てる姿は本当に素晴らしいです。


こんなブログのレビューじゃないレビュー見るより、映画館で見て欲しいです。
マジで。






イラストは…
承太郎さんが段段と違うものになってきたので、微妙にオリジナルです(うわ、言い切った)。
いや、人を描くよりもペンタブに慣れなきゃ。
っちう訳で、パステルっぽく。
…『パステル』って言い切れない自分が痛い。
もっと練習しなきゃねー。
スポンサーサイト

2005年08月04日 | イラスト練習 | トラックバック:1 | コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://noend.blog15.fc2.com/tb.php/18-8759bdc0

野生には、作り物でないドラマがある◆『皇帝ペンギン』(吹替版)

7月24日(日)TOHOシネマズ木曽川にて南極で厳冬の中、ただ子孫を残すためだけに生きる皇帝ペンギン。その生態を描いたドキュメンタリーである。最近公開されたドキュメンタリー作品では『WATARIDORI』と『ディープ・ブルー』も観たが、私はこの『皇帝ペンギン』に一番

2005年08月06日 | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。